産業廃棄物とは

廃棄物とはいわゆるゴミのことを指しますが、産業廃棄物とは、事業活動から生じたゴミのことを指します。法令で定められた産業廃棄物は20種類あり、それ以外のゴミは一般廃棄物と呼ばれています。

排出量の多い産業廃棄物TOP5

no.1

工業廃水の中に滞積する汚泥

下水処理場や発電所の事業活動の中で行われる排水作業の後には、泥が残ります。従来は産業廃棄物として埋設処分されるのが一般的でしたが、近年はリサイクルされるケースも増えてきました。

no.2

動物のふん尿

意外かもしれませんが、動物のふん尿も産業廃棄物の一種に数えられています。家畜産業の中では多量のふん尿が排出され、食用目的で解体された動物の死骸も産業廃棄物として処理されます。

no.3

解体作業から生じるガレキ

建設工事の中から発生するガレキは、産業廃棄物として処理されます。コンクリート片やアスファルトなど、ガレキは解体作業の際に多く発生していますが、リサイクルしやすいという特徴があります。

no.4

物を燃やした後に残るばいじん

焼却の際に発生したススや灰のことを、ばいじんと呼びます。他にも、チリやホコリなどの細かいダストもばいじんに含まれます。焼却施設だけでなく、工場の製造過程でも発生しやすい産業廃棄物だといえます。

no.5

金属を加工すると発生する鉱さい

金属を溶解すると、表面に不純物が浮き上がります。不純物は冷却することで石や砂のように残りますが、取り除かれて処分されます。これが鉱さいと呼ばれる産業廃棄物の一種です。

廃油はリサイクルできる!

事業活動の中で排出された廃油は、正しい処理を施せば再生油や石鹸、ディーゼル燃料として生まれ変わります。石油資源を無駄なく再利用することで、エコにも繋がるのです。

[PR]埼玉で好評な産業廃棄物処理業者
仕事で出てくる不要品を手軽に処分

[PR]ガレキ選別に必要な機材をレンタルしよう
優良店をピックアップ☆

[PR]廃油の処分は専門業者に頼むのがオススメ!
低価格で回収してくれる

産業廃棄物とは?よく出る産業廃棄物や廃油のリサイクルについて紹介

男性

廃油処理の専門業者とは

廃油を処理するためには、産業廃棄物処理業の許可証が必要となります。自社で処理できない場合は、専門の業者に依頼しましょう。広く産業廃棄物を取り扱っている業者に相談しても良いですが、埼玉には廃油専門の業者も存在します。廃油を専門的に処理してくれる業者であれば、特殊処理が必要な廃油もリサイクルしてくれるでしょう。

ガレキ選別はコンベヤーを使うと便利

産業廃棄物は、種類ごとに処理方法が異なります。建築物の解体で生じたガレキは、そのままでは様々な廃棄物が混在しているため、法で定められた方法で正しく処理することができません。手作業での仕分けには膨大な人手と時間を必要としますが、自動的にガレキ選別してくれるコンベヤーを利用すればコスト削減に繋がります。

広告募集中